マンションリフォームに当たって注意するポイント

マンションリフォームする際の注意点

マンションのリフォームは、一戸建てとは違いすべて自由にできるとは限りません。
一つの建物を住人全体で所有しているので、一戸建てで行うときとは違った注意点があります。
注意点としてまず最初に確認しておきたいのは、リフォームができる範囲です。
マンションには専有部分と共有部分があり、リフォームをすることができるのは専有部分のみです。
廊下や階段などはもちろん、玄関ドアや窓枠のサッシも共有部分に入るので、事前に確認してできない部分をハッキリとさせておきましょう。
リフォームができる専有部分をハッキリとさせてから、工事の計画は立てなければいけません。
しかし専有部分であっても、管理規約でリフォームができる範囲を決められていることがあります。
例えば、浴室や水回りの位置を変更するのは禁止されているマンションもあるので、管理規約を確認しておかないと規約違反になりかねません。
またマンションによっては出入りする工事業者を決めていたり、細かな届け出が必要になるケースもあります。
管理組合には工事に必要な図面が保管されていることもあるので、リフォームを行うなら一度組合に相談をして、細かな工事可能な範囲や届け出などについて調べておきましょう。
一戸建てでもリフォームを行うときは近所に挨拶は行いますが、マンションの場合はもっと丁寧に行わなければいけません。
特に同一の階や上下の階の人には、騒音や資材の運搬で迷惑をかけることになります。
マンションで工事を行うときには、必ず迷惑をかける上下の階と同一の階の住人には挨拶を行い、騒音などに配慮しながら工事をしてもらうよう業者に伝えておきましょう。
近年は中古マンションを購入して、リフォームしてから入居するケースも増えました。
そのため一戸建てと同じく、マンションでも一般的になっています。
しかし注意点に気をつけないと思い通りにできなかったり、管理組合や近所とトラブルになるので事前に確認しておきましょう。

マンションリフォームの注意点

↑ PAGE TOP