マンションリフォームの予算の相場に関する情報です

マンションリフォーム

マンションに長く住んでいると、建て付けが悪くなったり、歩くたびに床が軋む、キッチンが使いづらいなど不満も出てくるはずです。
使い勝手や見た目を良くするため、居住から数十年経った場合や、中古マンションを購入したらリフォームを検討すると良いでしょう。
リフォームは手軽に行うことができる反面、以外とお金がかかることもあるため、どれくらい予算が必要か気になる人も少なくないです。
例えばキッチンの交換でも、ガスコンロからIHに変えるだけでも材料費や工事費用で25万円程度かかります。
その際に壁紙や床材をそのままにするか、変色して目立っているから交換するかによって価格は大きく変わってきます。
どんなリフォームをするか、どこまで綺麗にするかといった考え方によって費用が上下するので、実際にリフォームをした人から相場を聞き出しておくと参考になるかもしれません。
マンションでもリフォームを全面的に行う場合、部屋の広さや交換する設備などによって違いはありますが、おおよそ400~600万円かかるとされています。
システムキッチンを交換する場合は50万円から、ユニットバス全体を交換するなら100万円前後、トイレなら便座の交換だけで10万円といったところです。
室内のリビングのみ、天井や壁のクロスの張り替え、床暖房を付けてフローリングの張り替えとなると100~150万円は考えておくと良いでしょう。
あれこれとこだわったものを導入しようとすると、意外と費用がかさみやすくなるので、何のためにリフォームをするのか主目的を決めておくと費用を抑えることができます。
複数の工事業者に見積もりを依頼しておくと、値引き交渉に応じてくれるところもあるので上手く活用しておきたいところです。
内装が刷新されるリフォームは工事費用に目がいきがちですが、実はその後に購入するソファやカーテンといった家具に家電、場合によっては仮住まいが必要になるなど別の費用も必要になることもあるため、予算は多めに組んでおくことが大切です。

リフォーム費用

↑ PAGE TOP