マンションリフォームは売却時に有利になる?

マンションリフォームは売却時に有利になるか?

マンション売却をする際に見た目が良ければ印象も良くなるのでリフォームをした方が有利になるのではないかと考えることがあります。
これは購入者次第になるので断言はできませんが、基本的にはリフォームをしない方がマンション売却は有利になると考えられます。

確かに見た目が良ければ査定額が高くなると期待できるのですが、買い手にとっては購入費用が高くなってしまうのはマイナスです。
内装や設備が整っていれば購入してからすぐに入居して生活できるメリットがありますが、中古マンションを希望する人の多くは安く購入して自分の好みにリフォームすることを前提としているため、好みに合わないリフォームで値上がりするのは望まれません。

リフォームをしてからマンション売却しようとすると高くなって売れなくなり、値下げする場合もあります。
これによってリフォームにかかった費用を回収できなくなってしまう懸念もあります。
また、工事のための時間も必要になるのですぐにマンション売却をしたいときには適していません。

ただし、有利にマンション売却をするためには見た目の印象は重要であるため、住んでいた時の状態をそのままにするのはやめましょう。
できるだけ清掃を行っておくだけでも印象が変わります。
マンションに入ったときの最初の印象を悪くしないように玄関周りは綺麗にしておき、明るさを確保するために窓の汚れも落とします。
水回りも内覧時にはチェックされるので水垢を落とします。また、見取り図で部屋の大きさは分かっていますが、狭いと感じさせないように荷物の数も少なめにしておきます。
清掃を行う際に壁に穴が開いている、壁紙が変色している、フローリングが傷んでいるなどの状態をどうするか悩むところですが、基本的にこれらは入居の際にリフォームで修復・変更してしまう部分なので目立たないようにしていれば問題ありません。
ただし、あまりにも状態が悪くて内覧者に悪い印象を与え、売却額に大きな影響が出そうであれば不動産会社に簡易リフォームをした方が良いか相談しましょう。

マンションリフォーム

↑ PAGE TOP